5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

インナードライが夏に多い理由

健康・美容

インナードライが夏に多い理由
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

夏は冬以上に肌を乾燥させる可能性がある

夏は肌がしっとりしているから、
インナードライや乾燥肌にはならないと思っていませんか?
実はそれ、大間違いなんですよ。
夏は冬以上に肌を乾燥させる可能性があるのです。
そこで今回は、インナードライが夏に起こりやすい理由についてお伝えします。

★夏は乾燥を起こしやすい
「乾燥は冬だけ気をつければいい」と思っているあなた。
それだけでは、乾燥が悪化してしまいますよ。
実は、冬だけではなく、夏も乾燥に要注意な季節なのです。
それは、夏には肌に負担になる刺激がたくさんあるからなんですよ。
夏に乾燥が悪化する理由には、主に以下の5つの理由が挙げられます。

理由1 夏は紫外線で肌のバリアが壊れやすい
夏は紫外線の量が多くなる時期です。
実は、この紫外線、肌を乾燥させる原因にもなるんですよ。
紫外線は、肌の土台になる部分まで攻撃してきて、
肌のターンオーバーを乱れさせます。
すると、未熟な細胞が増えてバリア機能が低下するのと同時に、
肌の細胞の並びがガタガタになり、隙間が多くなってしまうのです。
隙間だらけの肌からは、水分が出放題になってしまうんですよ。

理由2 冷房で室内が乾燥している
夏は冷房にも注意が必要です。
エアコンによる冷房は、湿気を取って、部屋を乾燥させます。
部屋が乾燥すると、もちろん肌の水分も乾燥しやすくなってしまいます。

理由3 室内外の温度差でホルモンが乱れやすい
エアコンによる肌の乾燥は、空気の乾燥だけが原因ではありません。
冷房が効きすぎると、室内と外との温度差が大きくなってしまいます。
すると、体温を調節するための自律神経が働きすぎて過労状態になり、
自律神経が乱れてしまうのです。
自律神経が乱れると、同じ視床下部で調整されているホルモンも乱れはじめます。
ホルモンには、皮脂の分泌や肌の水分量を調整する働きがあるので、
冷房による室内外の温度差でホルモンのバランスが崩れると、
肌が乾燥しやすくなるんですよ。

理由4 べたつく保湿ケアを敬遠してしまう
夏は何もしなくても汗で肌がベタベタするので、
さっぱり感のある化粧品を好むようになります。
夏は乳液やクリームを塗らないという方も多いでしょう。

それは、裏を返せば保湿を手抜きしているということです。
夏は保湿ケアが疎かになって、乾燥が悪化しやすいのです。

理由5 体を冷やしすぎて細胞の元気がなくなる
冷房のほかに、冷たい飲み物や仕事終わりのキンキンに冷えたビール、さっぱり冷えた食事など、夏は体を冷やす飲食が多くなります。
すると、胃腸が直接冷やされて消化不良を起こす上、血液の流れも悪くなります。
細胞が元気に働くためには、栄養を血液で送ってもらうことが必要なのですが、
冷えた体では、それが上手にできなくなるのです。
その結果、細胞は栄養不足で元気を失い、肌のバリア機能が低下して、
水分が出て行きやすくなってしまうんですよ。

★夏の乾燥は気づきにくいので注意しよう!
夏には、乾燥を悪化させる恐ろしい罠がたくさんあります。
しかし、汗や皮脂の分泌も多くなるため、乾燥に気づきにくいのです。
つまり、インナードライになってしまうんですね。

乾燥に気づきにくいからこそ、
夏でも普段から乾燥対策をしっかりと行うようにしてくださいね。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ